ペット保険を賢く選ぶ|サービスの全体的な内容

犬と猫

2つの保障タイプ

犬と猫

実額保障タイプ

近年では医療技術の発達により、犬や猫などペットの寿命も伸びてきています。それにより、一生にかかるペットの医療費も上昇してきています。しかしペットには人間のような健康保険はありません。したがって、治療費は全額自分たちで負担しなくてはいけません。そこで活躍するのがペット保険です。ペット保険に加入していると、治療費の一部または全額を加入している保険会社に負担してもらうことができます。ペット保険の種類は主に2つあります。まずは実額保障タイプです。これは動物病院などでかかった治療費を定額の金額まで保障してもらえるタイプです。メリットとしては年間の治療回数や、通院日数、入院日数が決まっていない場合が多いことです。

定率保障タイプ

もうひとつのタイプは定率保障タイプです。こちらは治療費に対して保障される割合が事前に決まっています。具体的にいえば、50%保障や70%保障などです。適用されるものは、通院費や入院費、手術費などです。このタイプのメリットとして1つ目は、提携している動物病院の場合はその場で保険が適用され、割引されることです。提携していない動物病院でも、領収書などを保険会社に送付することで後日請求することが可能です。2つ目は高額な治療費にも対応できることです。割合が決まっているため、治療費が高くなると、保障される金額も高くなります。またどちらのタイプも複数ペットを飼っており、ペット保険に加入している場合の多頭割引や、インターネットで申し込んだ場合の割引があり、利用すると保険料が安くなります。