ペット保険を賢く選ぶ|サービスの全体的な内容

犬と猫

保険に加入しましょう

犬

統計によると犬や猫などのペットを飼う世帯の数は3世帯に1軒にものぼります。ペットを購入する動機は人によって様々ですが、子供が独立し二人だけでの生活をおくっている高齢者世帯ではペットが夫婦間の会話を取り持つ役割を果たしたり、寂しさを紛らわせてくれる存在となっています。昨今では医療技術の向上や取り巻く環境が劇的に改善されたことにより、ペットの寿命が大幅に伸びていることに注目が集まっています。なかでも猫の寿命の増加は著しく、野良猫では平均すると3年程度の寿命と言われていますが家猫の場合には20年近くも生きる猫も珍しくなくなりました。ペットの寿命が延びることは飼い主にとって喜ばしいことではありますが、医療費の負担が増すこともまた事実となっています。

ペットには人間のような社会保険制度があるわけではないので、高齢などにより病気となってしまった場合には飼い主がペットの医療費を全額負担することになります。ペットの医療費といっても、その費用は大きく月々の負担額は病気の種類によっては10万円を軽く超えてしまうので馬鹿にはできません。そこで現在話題となっているのがペット保険です。ペット保険は人間社会でいうところの医療保険にあたるサービスです。仕組みは人間が加入する民間医療保険とほとんど同じです。月々の保険料を負担することで、病気やケガをしたときに一定額の保険料を受け取ることができるのでいざという時にはとても助かります。保険によっては去勢費用やワクチン注射なども負担してくれるものがあるなど、保険が適用される範囲も広い点が特徴となっています。ペット保険の保険料は月々で見るととてもリーズナブルです。ペットを飼っている家庭では、万一の病気やケガに備えてペット保険に加入しておくことを強くおすすめします。