ペット保険を賢く選ぶ|充実補償をお得にGET

動物

2つの保障タイプ

犬と猫

ペット保険に加入することで、自分たちで負担するペットの治療費が安くなります。ペット保険には実額保障タイプと定率保障タイプの2つがあります。実額保障タイプのメリットは、通院や入院の回数に制限がないことなどがあります。定率保障タイプのメリットは高額な治療費にも対応していることなどです。

Read

愛するペットのための保険

家族と犬

ペット保険はペットが病気やけがなどで診察や、入院、手術などを受けた時に、何割かを保障してくれる保険です。保険の保障内容は月々の掛け金などによっても変わってきます。いつまでも愛するペットと一緒に暮らすためにも、安心を増やしていきたいものです。

Read

保険に加入しましょう

犬

ペット保険は月々の保険料を支払うことで、大切なペットが病気やケガをしたときに保証を受けることができるようにするためのサービスです。ペットの医療費は人間の医療費と同様にとても高額になります。いざという時の負担に備えてペットを飼っている方は、ペット保険に加入しておくようにしましょう。

Read

サービスの全体的な内容

ドッグ

まずペット保険とは、ペットが動物病院を受診し、医療サービスを受けた場合の費用の一部を保険会社が負担してくてるものです。近年では省庁による監督の効果もあり、安心して利用できるペット保険が増えてきています。なお動物病院の診療費に関しては、決められた料金はなく、各々の病院が決めることができるようになっています。次はペット保険の補償内容についてです。補償内容は保険の条件によっても多少は異なりますが、ここでは大まかなものについて紹介します。まずは通院費や入院費です。また手術の際の手術費や特にがん手術の場合のがん手術費です。また飼い犬が噛みついてしまった場合や猫が引っかいてしまった場合の賠償費用です。このほかにも葬祭費用に対し保険金が支払われる場合もあります。

ペット保険に加入できるペットの種類も様々になっています。まずは代表的な犬や猫です。またこれら以外だと、鳥やうさぎ、フェレットなどになります。ペットの種類によっても保険料は変化してきます。さらにペットの年齢にも制限がある場合があり、早めの加入がおすすめになります。次は治療費の自己負担する割合についてです。補償される割合も様々ありますが、1番多いタイプは50%補償してもらえるプランです。つまり治療費用を自分たちと保険会社で折半するタイプです。他のプランとしては30%補償のタイプや、また100%補償のタイプもあります。そして保険会社と契約している動物病院では、その場で保険扱いとなり、保障額の割引を受けることが可能です。